STAFF

イオンピープル

本部で活躍する先輩社員

森崎 愛美

新卒入社
入社年次 6年次
所属部 デジタル事業推進部 デジタルマーケティング推進グループ
所属店 本部
職位 担当

イオン九州での勤務履歴

  • 2013年4月 宮崎店 食品チェッカー 担当
  • 2015年2月 宮崎店 ネットスーパー 担当
  • 2017年3月 デジタル事業推進部 デジタルマーケティング推進グループ 担当
  • 新しいことに常に触れていられる環境

     現在の仕事は、お客さまとお店がお互いに理解し合えるような仕組みづくりです。LINE@の導入と店舗担当者のサポートをメインに、イオン九州公式アプリの開発やプロモーション施策にも携わっており、デジタルの力を生かして、お客さまにイオン九州のお店をもっと好きになってもらえるような施策の提案をさせていただいています。デジタルに関する知識は一度身につけてもすぐに知識のアップデートが必要になったりもするのですが、新しいことに常に触れていられる環境にいることが楽しいです!どうやったらお客さまに店舗の魅力を伝えられるか、従業員が楽しく仕事をすることはできないかを考えて教育を行っているため、「店舗の雰囲気が良くなりました」と言われたり、楽しさが伝わってくる記事を見つけたりすると、自分の仕事の成果として喜びを感じます。

     私は高卒なのですが、資格試験において高卒・大卒関係なく、平等にチャンスが与えられることに魅力を感じています。また、総合職であるがゆえに様々な職種に携わることができるのも魅力のひとつだと思います。また、“絶えず「変革」と「挑戦」を続ける”企業であることを誇りに思っています。自分自身も毎日成長し続けていきたいと思っていますし、自分の成長をお客さまや生まれ育った九州の発展に役立てることができることができる仕事がしたい!というモチベーションにも繋がっています。

     実際に入社した後で感じたギャップで良い点は、企業として新入社員の教育をそれはもう!しっかり行ってくれることです。イオンの基本理念であったり、仕事でぶつかることを想定した問題解決の部分までステップを踏んだ教育をしてもらえるので、入社してから漠然と仕事をする、なんてことはないと思います。残念な点は、思いのほか事務所やお店の裏側はきれいじゃないです(笑)。

    人とのつながりの大切さを実感できる仕事

     入社してから今までで、一番嬉しかったのは、売場応援の際に、お客さまから20歳になる娘に贈るワインを選んで欲しい、と言われたときのことです。娘さんの性格や好みから一緒にお選びしたのですが、後日振袖を着た娘さんを連れて来店してくださり、お二人の嬉しそうな顔が見られたときに私もとても嬉しく思いましたし、そのときに小売・接客の魅力を実感しました。

     仕事が行き詰ってしまったこともあります。コミュニティ社員さんに伝えたい気持ちがなかなか伝わらなかったときです。今思えば誰かに相談すれば良かったのですが、一人で抱え込んでしまった為にやる気が空回りしてしまっていたんだと思います。事態を察してくれた同じ店舗の先輩が話を聞いてくれて、人に話すことで客観的に物事を整理することができ、不思議とその翌週には解決していたということがありました。改めて仕事はひとりでするものではない、と実感したできごとでした。

     全体を動かす企画も多々ありますので、チームで働くにあたってのコミュニケーションも大切ですし、人とのつながりを大切にしている従業員が多いと思います。同期とは店舗や配属先が違っても連絡を取っていて、それぞれの仕事の話をすることでお互い頑張ろう!と励ましあっています。先輩や上司もしっかりと話を聞いてアドバイスをくれる方ばかりなので安心して仕事ができています。

    何にでも興味を持って追求する姿勢

     私はどちらかというとインドア派なので、休日は家にいることが多いのですが、昨年から一眼レフにはまっていて、写真を撮りに出かけたり、動画編集ソフトで撮りためた動画を好きな音楽と合わせてMV風にしたりしています。考えてみてから気づいたんですが、仕事と変わってないですね(笑)。「本を読む」ことにも注力しています。今はデジタル書籍とかも出版されていますが、集中力UPのためにもなるべく本を買うようにしています。同じように、手書きをする機会もなくなって字が汚い!と思ったので地道に硬筆テキストで矯正中です。

     総合職で転勤もあるため、部署や仕事内容が変わることもありますが、何にでも興味を持って追求する姿勢は今後も持ち続けていきたいと思っています。

    ABOUT

    イオンのご紹介

    WORKS

    イオンのシゴト

    STAFF

    イオンのスタッフ

    AEON KYUSHU

    数字で見るイオン九州

    FAQ

    よくある質問

    応募・お問い合わせ